家族構成の変化

家族構成の変化

独身の内は、ご自身や彼女などが車に乗るだけですので、あこがれのスポーツカーなどに乗っていても問題はないのですが、結婚をして子供ができたような場合には、車の快適さを求めて、車内が広く、使い勝手のよいファミリーカーなどが欲しくなるはずです。

 

また、親御さんと同居するような場合になりますと、両親も含めた家族が快適に車に乗れるような車でなければなりません。そのような際には、今乗っている車を売ることになるでしょう。車をいかに高く売るかにより、新車で購入する車の頭金が得られますので、売却にしっかりとした知識と準備などをすることはとても大切なことです。

 

1円でも高く、車を売ろうという意気込みが結果的に高く売れる秘訣です。そのためには、従来から当たり前のように利用されてきたディーラーへ下取りに出すなどという方法ではなく、中古車買取専門業者に買取してもらうことをおすすめします。

 

ほとんどの場合は、下取りよりも中古車買取業者の方が、高い買取をしてくれます。そもそも、下取りは、新車のディーラーなどに対応してもらうのですが、中古車の買取や販売などを目的としていないために、あくまでもディーラーの下取りは、新車に乗り換える場合の、値引きの原資のような扱いになってしまうのです。買い取りした車は自社の販売ルートで再販することになりますが、販売ルートが限られているためすぐに買い手がつくというめどが立っていないというリスクがあります。これは在庫を抱えることになり、メンテナンスに費用がかさむことになります。こういった事情からディーラーの下取りは在庫費用も計算して買い取りしなくてはならず、買取専門店に買取額で上回ることはほとんど不可能に近いと言えます。

 

一方、中古車買取専門業者では、中古車の販売ルートが国内のみではなく、全世界にも販売ができますので、どのような車でも、日本車のみならず外車やカスタマイズされた車、事故車、トラックなどの商用車、10年以上経過した車、10万キロ以上の過走行車などでも、高価で販売することも可能なのです。家族構成が変わる兆しがありましたら、早めに車を売る準備をしてできるだけ多くの買取業者から見積もりをもらい比較検討することが重要になります。

関連ページ

魅力ある新車が発売された時
車を売る目的についての解説。魅力ある新車が発売された時。
車検のタイミング
車を売る目的についての解説。車検のタイミング。
燃費を抑えたい場合
車を売る目的は様々です。燃費を抑えたい場合について解説します。
転勤などにより車が不要になった場合
車を売る目的について。転勤などにより車が不要になった場合の解説
事故や水没車になった場合
車を売る目的について。事故や水没車になった場合の解説