事故や水没車になった場合

事故や水没車になった場合

車を売る場合の特別な例として、事故車や水没車を売却する場合もあると思います。

 

ボディが軽く凹む程度の軽い事故ならば、修理をすれば、その後も車に乗ることができますし、車両保険などに加入していれば、保険料で修理費を賄えてしまいますので、金銭的な負担も少なくて済むと思います。(毎月の自動車保険の等級が下がり、保険料は上がりますが・・・)

 

しかし、車が大破してしまい、安全な走行ができなくなってしまったような場合や車が水没してしまったような場合には、電気系統などが損傷を受けている場合が多いので、車を運転することが禁じられることになります。

 

そんな際にも、中古車買取業者にお願いをすれば、少額でも買取をしてくれる場合があります。

 

つまり、いかに大きな事故や水没車になったとしましても、パーツ単位で見れば、有効に活用できる部品もたくさんあるのです。すぐに廃車にしようとは考えずに、とりあえず、中古車買取専門業者にお願いをしてみましょう。

 

廃車にすれば、そのために費用がかかりますが、いくら少額でも車を売却できれば、懐はプラスになるのですから、事故車や水没車でもすぐに諦めないようにするべきです。

 

特に最新モデルの車で事故などを起こしてしまったような場合には、利用できる部品がたくさんありますし、部品の流通ルートもしっかり整備されています。廃車費用をかけずに済むという状態でもとても有益だと思います。

 

事故車、修復歴者や水没車などは、カービューの一括査定に査定を申し込むと良いかもしれません。カービューならばいろいろな車種が買い取り可能ですし、数百社も買取店が登録されているので、殆どの場合は買取額はつくはずです。査定額0という予想をしていても、査定は無料なので見積だけでもお願いするのもおすすめです。

関連ページ

魅力ある新車が発売された時
車を売る目的についての解説。魅力ある新車が発売された時。
車検のタイミング
車を売る目的についての解説。車検のタイミング。
燃費を抑えたい場合
車を売る目的は様々です。燃費を抑えたい場合について解説します。
転勤などにより車が不要になった場合
車を売る目的について。転勤などにより車が不要になった場合の解説
家族構成の変化
車を売る目的について。家族構成の変化 による車の買い替えの解説