車検のタイミング

車検のタイミング

全ての車は、法定で、一定期間を過ぎましたら、
安全性を確保するために、車検を受けなければなりません。

 

長い間乗り続けている車ほど、部品などの劣化が起きやすいために、車検の整備費用だけではなく、部品交換のために、大きな費用を背負わなければならなくなります。

 

車にもよりますが、10万円から20万円の費用がかかるのです。もちろん、自賠責保険に加入し直すことや、手数料などを含む料金ですが、それでもかなりの金銭的な負担があります。

 

一般の車の場合には、新車を購入して、3年目に車検を受けなくてはならず、その後は2年毎の車検を受けることになります。大きな費用がかかる車検ですので、いっそ、新車に乗り換えた方が良いと考える人もいると思います。

 

1回目の車検の直前などに、車を売る場合には、年式が新しく、走行距離もそれほどないと思いますので、より高い価格で売ることが可能です。

 

もちろん、余程の車でない限りは、車を購入する価格よりも、車を売った時の価格の方が低いので、新車を購入するために、追い金を支払う必要がありますが、車検の都度、車を乗り換えるような形にすれば、車検の費用を負担することなく、頭金を用意することができるということになりますので、車を乗り換える時期としては、ひとつの目安になる時期だと思います。

 

できれば、新車の購入については、一括払いをしてしまいたいと思うはずですが、どうしても、ローンを組まなければならない場合には、借入れ元本が安ければ安いほど、金利の負担も少なくなりますので、下取り価格を高くして、ローンの利用額を少なくするべきでしょう。

 

下取り車を高く売るには、買取業者の見積もりをディーラーに持って行くと有効です。
例えば、ガリバーやアップルに査定してもらったところ、これぐらいの見積もりがでましたが、
ディーラーの下取りはいくらになりますかと、有利な立場で交渉可能です!

関連ページ

魅力ある新車が発売された時
車を売る目的についての解説。魅力ある新車が発売された時。
燃費を抑えたい場合
車を売る目的は様々です。燃費を抑えたい場合について解説します。
転勤などにより車が不要になった場合
車を売る目的について。転勤などにより車が不要になった場合の解説
家族構成の変化
車を売る目的について。家族構成の変化 による車の買い替えの解説
事故や水没車になった場合
車を売る目的について。事故や水没車になった場合の解説